美容皮膚科へのこんな質問

インターネットが普及しパソコンでのデスクワークの仕事が増えています。
パソコンは便利なので、机からほとんど動く事なく作業が進んでいきます。


その為、運動量が低下し肩こりに悩んでいる人が造増加しています。

自分が肩こりだと気付いていない無自覚な人もいます。

美容と肩こりは無関係ではなく、様々なトラブルを引き起こす美容にとって敵ともいえる存在です。肩こりは、実は肩周りだけでなく首や背中の筋肉までが固まった状態になっています。血の巡りやリンパの流れが悪くなるので、必要な酸素や栄養がうまく回らなくなり不要な老廃物が流れていかなくなります。


すると肌荒れや肌のくすみなどの肌トラブル、たるみや体の歪みなどプロポーションに影響してきます。不眠やストレスなどメンタル面にも影響し、更にトラブルを引き起こす悪循環サイクルができてしまいます。
美容の為には肩こりを緩和させる必要があります。

肩こりの主な原因は、ずっと同じ体勢で作業し、体を動かさない事による運動不足です。


仕事中でもトイレに行く、自分で資料を取りに行ったりコピーを取りに行ったりとこまめに動くようにします。その時に背伸びをしたり、首を回したり、腰を動かしたり軽くストレッチをして、筋肉を動かしてあげます。

体もすっきりして効率よく仕事ができるようにもなります。
1番のおすすめは、美容にも効果がある入浴タイムです。



シャワーではなく湯船に浸かるようにします。

肩までお湯に浸かり温めてあげながら軽くマッサージをしてあげます。
ぬるめのお湯にゆっくりと体の芯から温まるのがベスト入浴法です。

1日頑張って緊張した体をほぐしてリラックスさせてあげるのです。肩こりの緩和はもちろん、汗をかく事で美容効果も得られます。
お風呂後は、水分を補給してからもう1度ストレッチを行います。

無理に動かして体を痛めてはいけないので、ゆっくり可能な範囲で動かします。


美容が1日では効果がないように肩こりも1日で治ることはありません。

ストレッチをしてほぐれてもすぐにまた固まってしまいます。

毎日こまめにストレッチを行うように意識していきます。