増えつつある老人ホームの利用法

高齢化社会の今、老人ホームはあちこちに少しずつ増えてきています。自宅で介護をするとどうしても設備が整っていなかったり、ベッドから落ちて怪我をしてしまうことなども起こってしまうため、そう言った状況を打破するためにも、老人ホームの利用をおすすめします。自宅介護は介護をするほうに負担がかかってしまい、そうなると介護をされる側にとっても良くありません。ただ一口に老人ホームと言っても、様々な種類があります。

デイサービスを利用出来る所や、ショートステイも利用出来る所、リハビリが主な所など、それぞれ場所によって利用の仕方は変わってきます。中でも特養老人ホームと呼ばれる所は、介護度が3以上でないと入所出来ない施設であり、状態が重い人のみが入所出来ます。ケアもしっかりしていて、ほぼ終身的に入所出来る場所であると言えます。他に介護老人保健施設と呼ばれる施設では、入所が主ですがあくまで在宅復帰を目的としたケアを行うため、リハビリが主になる施設です。

有料老人ホームやグループホーム、ケアハウスなどとはまた違った位置にある施設です。色々な施設が増えどこに問い合わせて良いかわからないことも起こりがちですが、まずは介護している方の状態を見極めて、住んでいる市町村の福祉課などに相談するのが重要です。介護は様々な人の手が必要で、決してひとりきりで行える程たやすいものではありません。そう言った施設も利用しながら、周りに相談することを忘れずに、無理をしないということが重要です。

広島市南区の介護施設のことならこちら