介護施設の入居要件とその種類

いわゆる介護施設と呼ばれるところは、厳密には3種類です。この3種類以外は全て在宅サービスという分類になっています。ただ一般の利用者からすれば、建物があってその建物内に居住するところがある場合には、便宜上施設と呼んでいるケースが少なくないのも実態です。この3施設とは、介護療養型医療施設と介護老人保健施設よく老健と省略されて呼んでいます。

さらに介護老人福祉施設いわゆる特別養護老人ホーム略して特養と呼んでいるところです。この3つのことを介護3施設と呼んでいるわけです。これらの介護施設は、原則として要介護1以上の人が入居出来るという条件がありました。ところが近年行われた改正で、特養について要介護3以上の人が条件になるなど、社会情勢の変化とともに当初の前提であった、要介護1以上というものが変更されています。

今後は要介護3以上でなければ利用出来ない施設となった特養です。介護療養型医療施設や介護老人保健施設は今まで通り要介護1以上で入居は出来ます。だからといってすぐに特養の代わりになるものではありません。そもそも介護療養型医療施設は社会的入院の受け皿になっていたもので、医療の必要性が高くなければなりません。

また老健も脳卒中患者などのように、リハビリテーションが必要な人に限られる前提です。今後、いわゆる団塊の世代が現役をリタイアして、徐々にこうした介護施設の利用者数が増えることが想定されています。このことが、入居条件を厳しくする方向に変わった要因となっているわけです。