介護施設を取り巻く環境

日本の高齢化が進むにつれ、老後の暮らしが大きくクローズアップされています。こういった話題になると必ず問題となるのが、介護施設と介護福祉士が不足している問題です。実際に自治体が運営する老人ホームは、数年先まで待機している老人で一杯であり、民間が運営する有料老人ホームにおいても、常に空き部屋が不足しているのが現状です。もちろん、施設が少なければ、そこで働く人々も活躍の場がなくなっていきます。

そのため、結婚などを機に辞めてしまう人も少なくないのです。こういった状況を引き起こした要因の一つとして、介護に係る産業は「利益を追求してはいけない」といった風潮が根強く残っていることがあげられます。介護施設をはじめとした、介護産業は、今後も飛躍的に業績アップが見込まれる分野ですが、利益を出すと「お年寄りからお金をとって…」といった非難を浴びる可能性が十分に考えられます。そのため、介護産業に進出することをためらってる企業も少なくないのです。

しかしながら、介護施設の不足がテレビなどに取り上げられるようになり、民間の介護産業に対する世間の風当たりは、徐々に減ってきていて、無駄を省き利益を追求する新しいタイプの経営者も現れています。いずれにしても、高齢化は避けることのできない日本の課題ですから、老人ホームなどの介護施設の増設はもちろん、運営会社に対して、国や自治体が何らかの優遇措置を取るなどして、環境づくりを今から行っておくことが、とても重要になるのです。