介護保険制度が利用できる介護施設

介護施設には介護保険制度が利用できるものと利用できないものがあります。保険が利用できるということは利用料の一部を保険が負担してくれることとなる為、金銭的な自己負担を軽減することが出来るというメリットがあります。サービス内容についても介護保険で細かく規定されおり、一定レベル以上のサービスが保証されることとなるため安心して施設を利用することが可能です。介護保険が利用できる施設は大きく分けると3つあります。

老人保健施設、老人福祉施設、介護療養型医療施設の3つであり、それぞれ特徴が異なります。老人保健施設は医療と介護の中間施設といわれています。スタッフには医師や看護師がおり、簡単な治療や医学的管理を受けながら施設での生活を送ることが出来ます。また、生活リハビリに力をいれており、理学療法士や作業療法士などのリハビリ専門職によるリハビリによって介護量の軽減を図り、在宅復帰や他の施設への入所を目指すことができます。

老人福祉施設は自宅での生活が難しい高齢者が生活を行う為の介護施設です。そのため、利用者の多くは要介護度が高いというのが特徴です。24時間の介護サービスを受けることができ、レクリエーションや身体機能維持の為の運動などが行なわれます。介護療養型医療施設は長期療養が必要な人が入所する介護施設です。

将来的にはなくなることが決まっている為、今後は徐々に数が減少していくと考えられます。介護療養型医療施設のかわりとして医療面に特化した老人保健施設の建設が検討されているところです。