認知症の人に向いた介護施設

認知症の人に適している介護施設は、グループホームです。グループホームは、認知症の人だけが入れる施設になります。極端にそれが重い場合は入居を断られることもありますが、ほとんどの人は入ることができます。グループホームという名前が示すように、認知症の人達がグループを作って、生活します。

そのグループに複数のスタッフがついて、ケアをしていきます。他の介護施設にくらべて、きめの細かいケアを受けられるメリットがあります。グループホームには難しい面もあります。日本各地で入居者が多く、空きのある施設はほとんどありません。

このタイプの施設に入りたい時は、入居を待っている人の数が少ないグループホームを見つけて、そこに申し込みをしておく必要があります。他にも認知症の方が入れる介護施設はあります。有料老人ホームだったら、入居できる場合があります。有料老人ホームの場合は、施設ごとに対応の仕方が異なっています。

重い認知症の方でも入れる施設もあれば、軽い人だけしか入れない施設もあります。最近は重い人でも入ることができる施設が増えています。有料老人ホームの場合は、医療機関との連携が大切になります。認知症は進行性の病気です。

薬を飲んでいても、少しずつ進行していきます。薬を適切に服用して、できる限り進行を抑えなければなりません。そのためには、医師にまめに診察してもらう必要があります。認知症の方が有料老人ホームに入るときは、認知症の対応ができる医師がいるところを選びましょう。