占いには、色んな種類があります。どの方法を使うかで、結果が違うこともしばしば。どれを使えばよいのか迷ってしまうかも知れません。それぞれに手法と目的がありますから、まずはそこを確認しておきましょう。

大きく2つにわけると、運命論が柱となる占いと、その時の機運や今後の変化を見る占いがあります。前者(運命論)で有名なのは西洋占星術や、中国の四柱推命です。対象の人物が生まれた日時の天体の位置が占いの決め手となります。従って、生年月日できれば生まれた時間まで詳しくみていきます。

その人が生まれつき持った性格や傾向を見ていくのに適していて、相性診断などにもよく使われます。従って結果は、いつ占っても基本的に変わりません。もっとも結果は傾向を示すものなので、育ち方や人との組み合わせによって実際の人物像は多少変わるという事も含みます。後者(気運や今後の変化)では、タロットカードや易学(筮竹)が有名です。

今現在の状況や、相手の考え、今後の傾向などを分析するので、結果は一度限りです。対象は人間だけでなく、商取引や、試験の結果、2者択一のどちらかを選んだ場合の成り行きなどを見る事ができます。また、現在の相手の気持ちなどを占うのにも向いています。気運や状況はたえず変化するので、昨年と今年では結果が異なるというのもうなずけます。

タロットも易も、結果を読み取る能力が必要とされています。同じ結果が出ても意味を読みとく能力が不足すると逆効果という場合もあるため注意が必要です。恋占いには前者の方法も後者の方法も有効です。書籍やネットで手軽に楽しめるものも多数あります。

TPOにあわせて使い分けると、より楽しめそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です