占いは当たるも八卦、当たらぬも八卦という諺がありますが、これは信用できないと意味とは異なります。信じないという人の中には、根拠のない非倫理的なものだと考えている人が多いのですが、実はそうでもないのです。占い師には色々なタイプの人が存在しています。確かに、霊視や霊感などを用いて占う人は、科学では説明できないような特別な力を持っている場合が多いため、非科学的だというイメージが強いかもしれません。

霊視ができる人間の数は限られており、その分的中率が高いという感じる人は多いのです。霊視は守護霊の声を聞くことによって行われ、どんな悩みにも対応することができます。他の人とは違う、自分だけの結果をもらえるという点も、霊視の人気の理由と言えるでしょう。しかし、霊視以外にも数多く種類が存在しています。

メジャーである12星座占いも、古代から行われてきた四柱推命も、全て統計学として分類されているのです。占い師はたくさんの種類の統計学を学び、独受の占術を作りだし、結果を導き出しています。心理学に精通している人も多く、仕草や口調などから、相手の内面を理解するケースも多いのです。統計学や心理学は、全ての人に当てはまるものではありません。

当たる人もいれば、当たらない人もいるということを忘れてはなりません。占い師は神秘的なイメージが強く、才能を持った選ばれた人間しかなれないという印象がありますが、実はたくさんの学問を学んだ努力の人と言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です